ABOUT

Morie TOKYOについて

Morie TOKYOデザイナー・代表 山田百里恵

Morie TOKYOデザイナー・代表 山田百里恵

 

Morieのものづくりはアパレルとは違い1点ずつ丁寧に職人が手掛けています。
布を1枚ずつハサミで裁断するところから始まります。
一つ一つの素材はすべて個性があります。
その素材・用途に合わせた縫製や始末の仕方を最善の方法で仕立てていきます。


スタートしたときには思い及びませんでしたが、いわゆる「着物リメイク」ファッションは最高にサスティナブルです。
日本には現在8億5千枚の着物がタンスの中で眠っているそうです。
着物はほどいてつなぎ合わせると もともとの反物に戻ります。
だからいろいろに加工することが可能です。
素晴らしいサスティナブルファッションだといえます。

 

山田百里恵プロフィール

1978年 アパレルの企画室にデザイナーとして就任
1995年 婦人服企画会社設立
2000年 オリジナルブランド「MOMO」創設
2001年 南青山にオリジナルショップ「青山MOMO」オープン
2003年 「現代日本の衣匠」(ART BOX international inc.)に掲載
2011年 目黒にプライベートサロンをオープン
2014年 NHK「ひるまえほっと」にてMOMOのウエディングドレスのエピソードが放送される
2015年 ブランド名を「MORIE TOKYO」「MORIE Bridal」へ
2016年 南青山にショップ兼オーダーサロンをオープン
2017年 完全予約制プライベートサロンを島津山(五反田)に移転
2021年 着物リメイクや着物を取り入れたファッション文化のさらなる発展のため、Morie TOKYOブランドにて「Morie the day」「Morie onstage」「Morie japonism」「Morie closet」を開始。

また毎年、髙島屋・三越・表参道ヒルズなどに出店している。

 

山田百里恵の活動

着物のリメイクや着物を取り入れた日常使いできる洋服・ファッション小物のオーダーメイド制作
着物のリメイクや着物を取り入れた日常使いできる洋服・ファッション小物の既製品制作
着物の枠にとらわれない、着物の美しさを活かしたドレス制作
伝統的な着物文化を踏襲しながら現代のイベントにマッチした留袖ドレスの制作
タンスの中のものをリメイクで新たに活用するためのご提案
タンスの中のもので現在のトレンドや自分らしさを表現するためのコーディネートアドバイス
タンスの中の着物・洋服の鑑定をしながら整理・断捨離のアドバイス
伝統的な着物文化と現代ファッションを融合させ着物文化のあらたな発展のためのメディア出演
定期的なサロン会開催 (無料ご試着ご相談会)
サロンにてプロのヘアメイク・カメラマンによる撮影
サロンにてお楽しみ会・勉強会などの開催

 

Morie TOKYO基本情報・アクセスマップ

代表 山田百里恵 Morie Yamada
連絡先電話番号 03-6712-6816
E-mail info@morie-tokyo.com
住所 東京都品川区東五反田1-2-15(島津山サロン)
詳細な住所はお問い合わせいただきましたらご案内いたします。
運営会社 株式会社 MorieYamada